町田市の成瀬駅より徒歩3分
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

肛門科

肛門科診療についてご案内します。

肛門疾患について

痔は、成人の半数以上の方にみられるといわれる、直立歩行を始めた人間にとって宿命といわれる病気です。その痔には、さまざまな症状ががあります。

痔の種類

痔は大きく3つの種類です。

痔核

直腸肛門部の血行が悪くなり、血管の一部がふくれあがる症状 ※歯状線より上の粘膜の部分にできる『内痔核』、下の皮膚の部分にできる『外痔核』があります。

裂肛

硬い便によって肛門上皮がさける症状

肛門周囲膿瘍・痔ろう

細菌感染が原因で、うみが出る症状

肛門科の診察の流れ

1.問診

問診表に症状を書き込み、医師に症状を伝えます。

2.診察

まずは視診です。目で肛門周囲の状態を見ます。

次は、触診・指診です。直接触れて痔の状態を調べます。

そして、肛門鏡による診察です。器具を使って肛門内の状態を調べます。

3.医師からの説明

診療の結果を医師から患者さまへ説明をします。現在のあなたの症状について、それから今後の治療法、治療計画をしっかりご説明させて頂きます。

痔の治療法

痔の治療法には大きく3つです。生活療法、薬物療法、手術療法です。手術療法を行う患者さまは、全体の1から2割程度の方です。ほとんどの患者さまが、規則正しい排便習慣や、食生活の改善などによる生活療法が基本になります。そして軽い症状の痔の場合は、お薬の治療で治ることが多いです。

ジオン注射治療

当院では内痔核を切らずに注射で治療する、『ジオン注射療法』を行っています。手術と違って、この治療には痛みを伴うことはありません。痔核の痛みを感じない部分に注射するので出血や傷口が痛む心配もありません。

「脱出を伴う内痔核」「出血を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。早い方は、翌日から脱出、出血がみられなくなります。このジオン注射治療は、平成17年の5月から医療保険で行えるようになっております。

痔についてよくある質問

痔はお医者さんに診てもらった方がいいのでしょうか?

お薬と日常生活の注意で痔は、とても良くなるものです。恥ずかしがったり、一人で悩まず、早期の段階で専門の医師の診療を受けることをお勧め致します。

内痔核は痛くないのでしょうか?

外痔核の場合は、痛覚のある皮膚の部分にできるので痛みを感じますが、内痔核は痛覚のない粘膜にできるので痛くはありません。しかし、内痔核も程度か進むと外痔核を伴うようになり痛みが発生します。

痔を予防するコツはなんでしょうか?

毎日お風呂にはいる、おしりを綺麗にする、便秘・下痢に注意、トイレで強くいきまない、腰を冷やさない、座りっぱなしはよくない、胡椒やからしなどの刺激物は控えめにすることなどが、挙げられます。

痔の手術はどのようなものでしょうか?

手術内容は、症状によって異なりますが、30分程度で終わる手術です。術後は1週間から10日前後で退院となります。傷口が完全に治るまでは1ヶ月程度かかります。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る